4スタンス理論から考える障害の見方と身体の動かし方


本講演は終了しました

平成23年9月11日(日)、廣戸聡一先生講師(NPO法人 レッシュ・プロジェクト代表)のもと「4スタンス理論から考える障害の見方と身体の動かし方」の講演が開催されました。

廣戸先生がこれまでに行ってきた臨床や研究に基づいた身体の動かし方を本当に誰もがわかりやすい形でご説明頂きました。
特に、4スタンス理論から考える「身体の軸の作り方」「身体各部位の最も効果的な使い方」などは、運動器疾患を取り扱うどの分野でも活かせる技術であることを強く感じました。今後、いろんな形で応用されていくものと思われました。

また、会場で身体を自在に動かすその技術に多くの受講生が「凄い!」という感想を述べていました。分野を問わず、臨床に活かせるたくさんのヒントを頂いたように思います。
廣戸聡一先生には、またこの研究会に来て頂くことを固く約束させて頂きました。

今後も素晴らしい臨床家の知識と技術を広く広めるために尽力して参ります。それが、業界にとって、患者様にとって、そして、社会にとっての「三方良し」を満たす活動になると信じています。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

4スタンス理論から考える障害の見方と身体の動かし方

廣戸聡一先生(廣戸道場主宰 NPO法人レッシュ代表)講師の元、障害の見方と身体の動かし方を講義して頂きます。

講師の廣戸聡一先生は整体師であり、その理論と施術の技術が大変注目され、その著書も多く、テレビや雑誌などでも多く取り上げられています。本研究会スタッフもその施術を体験し、身体を自在に操作するその技術がリハビリテーションの分野でも広く応用できることを確信しました。

そこで、今回の講演を企画した次第です。我々の業界にとって、分野を問わずその技術が必ず活かせると思います。是非、ご参加下さい。

講師

廣戸 聡一 先生(廣戸道場主宰 NPO法人レッシュ代表)

開催日程など詳細

日時:平成23年9月11日(日)10:00~16:00予定
参加人数:300名程度予定
会場:首都大学東京(荒川キャンパス)(東京都荒川区)
 ・日暮里・舎人ライナー「熊野前」駅下車徒歩3分
 ・都電荒川線「熊野前」駅下車徒歩3分
 ・田端駅から都営バス端 44 系統「北千住駅行」に乗車
  「首都大荒川キャンパス前」下車徒歩 0 分
参加費:4680円
 上記価格には今回の講演用に作成するDVD付書籍1680円を含みます。
 これをテキストとして講演を行います。


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像