膝関節の運動学 骨と膝周囲筋の理解


膝関節の運動学 骨と膝周囲筋の理解

終了しました

臨床上、膝関節疾患に携わる中で、どのようなイメージで触り、治療しているでしょうか。

今回、3次元的に膝を捉えるために、
膝を構成する大腿骨、脛骨、腓骨を理解し、膝の運動学を学んでいきます。
さらに膝周囲筋の走行を理解し、触診していきます。

臨床経験10年未満の方にお勧めです。
膝の基本を学びたい方、是非ご参加ください。

応募が定員を大幅に超えると予測されるため、2012年12月23日(日)を応募締め切りとし、参加資格は抽選とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

厳正な抽選を行い、当選および落選にかかわらずe-mailにてご連絡いたします。

講師

今屋 健 先生(関東労災病院)

具体的内容

膝関節の運動学の理解、膝関節を構成する骨と膝周囲筋の触診
(実技を多く行うため、膝の触診ができる服装をご用意ください)

開催日程など詳細

日時:平成25年2月23日(土)13:00-17:00
         24日(日)10:00-12:00、13:00-15:00予定
参加人数:30名程度予定
会場:専門学校 麻生リハビリテーション大学校(福岡市博多区東比恵)
 当日、正面入り口が閉鎖されています。下記の地図を確認し、裏口からお入りください。
参加費:12,000円
対象:誰でも参加可能ですが、応募が定員を大幅に超えると予測されるため、
 参加資格は抽選とさせていただきます。
応募は2月23,24日両日の参加可能な方に限ります

当日、正面入り口が閉鎖されています。地図を確認し、裏口からお入りください。
※地図をクリックすると大きく表示されます

参考文献


改訂版「スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーション


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像