慢性疼痛疾患治療の最前線 ~重力ストレスに対する身体応答の正常化が治癒に繋がる~


慢性疼痛疾患治療の最前線 ~重力ストレスに対する身体応答の正常化が治癒に繋がる~

定員に達したため募集受付は終了しました

今回、脇元幸一先生をお招きし、慢性疼痛疾患の治療についてお話し頂けることになりました。先着順ですので、奮ってご応募ください。

講師

脇元幸一 先生(清泉クリニック整形外科スポーツ医学センター施設長)

具体的内容

慢性疼痛疾患の背景となる身体機能特性は、障害に至った身体的プロセス(物理的成因プロセス)と心的プロセス(感情・行動意識プロセス)という2つのプロセスが関与する。

今回は障害に至った身体的プロセス(物理的成因プロセス)を中心に、患部の疼痛・拘縮・変形・筋出力抑制を起こしたプロセスを運動連鎖(運動力学)の観点から理解することで評価ならびに治療が可能であることを、多彩な検証実技デモンストレーションを交えてお伝えする。

開催日程など詳細

日時:
 平成25年6月2日(日)10:00-16:00予定
参加人数:200名程度予定
会場:臨床福祉専門学校(東京都江東区)
参加費:6,000円

対象:誰でも参加可能(定員に達したため募集受付は終了しました<

申込方法

定員に達したため募集受付は終了しました<

参加の可否にかかわらずe-mailにて報告します
undouki@ac.auone-net.jp よりメールにて連絡いたしますので
携帯電話でお申し込みの方は必ず受信可能に設定をしてください。
受信設定をされずにメール受信が不可能な場合の責任は負いかねます。


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像