関節可動域制限のメカニズムとその治療戦略(沖田実先生)


関節可動域制限のメカニズムとその治療戦略(沖田実先生)

終了しました

今回は長崎大学大学院教授でいらっしゃる沖田実先生にお越しいただき、「関節可動域制限のメカニズムとその治療戦略」と題して講演いただきます。

参加資格は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

<この講演を企画した理由>
拘縮の改善は、我々療法士の臨床で最も基盤となる技術の1つです。また、林典雄先生は「拘縮を改善できると、多くの関節の痛みは改善できます」とおっしゃっています。そういった意味でも、我々が関節可動域のメカニズムがどんなものであるのか、その知識が生涯役立つものになると思います。このため、関節可動域制限の研究の第一人者である沖田実先生をお招きしました。是非ご参加下さい。

講師

沖田 実 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 リハビリテーション科学講座 運動傷害リハビリテーション学分野、職位:教授、学位:博士(医学))

講師プロフィール

<学歴>
平成元年3月 長崎大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業
平成元年5月  理学療法士国家試験合格
平成7年3月  佛教大学社会学部社会福祉学科卒業
平成9年3月  長崎大学大学院経済学研究科修士課程修了 修士(経済学)修(経)(長崎大学)
平成9年4月  長崎大学大学院医学系研究科(内科学第一教室)研究歴認定
(平成16年3月まで)
平成16年1月 博士(医学)(長崎大学(乙)第1706号)

<職歴>
平成元年4月 日本赤十字社長崎原爆病院勤務
(平成4年5月まで)
平成4年6月 長崎大学医療技術短期大学部 助手
(平成13年9月まで)
平成11年10月 長崎大学医学部附属病院理学療法部兼務
(平成13年8月まで)
平成13年10月 長崎大学医学部 助手
(平成16年3月まで)
平成16年4月 学校法人名古屋石田学園星城大学リハビリテーション学部 助教授
(平成19年3月まで)
平成19年4月 学校法人永原学園 西九州大学リハビリテーション学部 准教授
(平成19年9月まで)
平成19年10月 長崎大学 教授
(大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻理学・作業療法学講座,現在に至る)

具体的内容

関節可動域(以下,ROM)制限は疾患の違いに関わらず認められる機能障害であり,特に拘縮に由来するROM制限は皮膚や骨格筋,関節包など病巣部位が多岐にわたるため治療に難渋することが多い.ただ,最近はその発生メカニズムに関わる分子機構の解明が進み,新たな治療戦略の開発も試みられている.本講義ではROM制限,特に拘縮の発生メカニズムに関する最新知見を紹介し,その治療戦略について概説する.

開催日程など詳細

日時:2016年1月31日(日)10:00~16:00
参加人数:200名程度予定
会場:横浜教育会館(神奈川県横浜市西区)
参加費:6,000円

対象:誰でも参加可能です.応募受付は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像