膝関節機能障害の基礎理解から臨床応用~運動学的・生体力学的な視点から、疾患の理解へとつなげる~


膝関節機能障害の基礎理解から臨床応用~運動学的・生体力学的な視点から、疾患の理解へとつなげる~

終了しました

今回は、字戸友樹先生、今屋健先生をお招きして、「膝関節機能障害の基礎理解から臨床応用~運動学的・生体力学的な視点から、疾患の理解へとつなげる~」と題して講演していただきます。
基礎理解である膝関節の解剖・運動学を中心に講義を行い、疾患理解へと繋げ、機能解剖学と生体力学的な視点について説明をしていただきます。また、実技講習では膝関節疾患の評価から治療展開について説明し、臨床応用へ繋げる内容をなっております。

詳細は以下の動画も御覧ください。

講師

宇戸 友樹(うと ともき)先生(麻生リハビリテーション大学校 理学療法学科)
今屋 健(いまや たけし)先生(関東労災病院 中央リハビリテーション部)

講師プロフィール

宇戸 友樹 先生
【学歴】
平成13年3月専門学校柳川リハビリテーション学院卒業
平成23年3月佐賀大学大学院 医学系研究科 修士課程 修了
平成23年4月佐賀大学大学院 医学系研究科 博士課程
【職歴】
平成13年4月医療法人庄正会 蜂須賀病院 入職
平成20年4月学校法人麻生塾 麻生リハビリテーション大学校 入職 
【資格】
理学療法士 認定理学療法士
【業績】
・脳梗塞後急性期の炎症反応およびBDNFタンパクの経時. 的変化とSIASスコア・FIMスコアとの関連性の研究
・膝関節機能障害と膝窩筋との関連性の研究
・膝窩筋の付着部からみた機能解剖的研究

今屋 健 先生
【学歴】
平成4年3月九州リハビリテーション大学校卒業
【職歴】
平成4年4月関東労災病院入職
【資格】
理学療法士 認定スポーツ理学療法士
日本体育協会認定アスレティックトレーナー
【業績】
書籍:スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーション(運動と医学
の出版社)など多数

具体的内容

基礎理解である膝関節の解剖・運動学を中心に講義を行い、疾患理解へと繋げ、機能解剖学と生体力学的な視点について説明を行います。また、実技講習では膝関節疾患の評価から治療展開について説明し、臨床応用へ繋げます。
【具体的内容】
(1)膝関節の機能解剖
解剖学・運動学・生体力学について基礎知識の確認
(2)超音波画像を用いた膝関節周囲の解剖の理解
筋腱移行部と膝関節周囲の腱走行や靭帯走行について超音波画像を用いて確認する
(3)1歩行周期から膝関節への力学的作用を整理する
下肢アライメントから生体力学と床反力を用いてFTJへの作用を整理する
(4)膝関節疾患を中心にした臨床応用(実技編)
解剖学や運動学に基づいた、触診や運動療法の実技

【スケジュール】
10:00~:
(1)膝関節:機能解剖
解剖学・運動学・生体力学から膝関節について基礎知識を整理する
※関節構成体について確認していく
(2)膝関節周囲の解剖(超音波画像を用いて)
筋腱移行部と膝関節周囲の腱走行や靭帯走行について超音波画像を用いて確認する
(3)1歩行周期から膝関節への作用を整理する
下肢アライメントから生体力学と床反力を用いてFTJへの作用を整理する
※1歩行周期(正常歩行、O脚歩行など)
※PFJの変性についても研究結果を示したいと思います。
12:30〜:
昼食
13:30〜:
膝関節疾患を中心にした臨床応用(実技編)
解剖学や運動学に基づいた、触診や運動療法
16:00:終了

開催日程など詳細

日時:2016年11月20日(日)10:00~16:00 
参加人数:30名程度予定
会場:麻生リハビリテーション大学(福岡県福岡市 博多区東比恵3丁目2−1)
参加費:10,000円

対象:誰でも参加可能です.定員に達していますが、キャンセル待ちを受け付けています。あらかじめご了承下さい。

申込方法

終了しました

参加の可否にかかわらずe-mailにて報告します
undouki@ac.auone-net.jp よりメールにて連絡いたしますので
携帯電話でお申し込みの方は必ず受信可能に設定をしてください。
受信設定をされずにメール受信が不可能な場合の責任は負いかねます。



カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像