『肩関節の理学療法-肩関節の動きから考える病態把握』


『肩関節の理学療法-肩関節の動きから考える病態把握』

募集は終了しました

今回は、関東労災病院の、勝木秀治先生をお招きして
『肩関節の理学療法-肩関節の動きから考える病態把握』と題して講演していただきます。
少人数で行う実技を中心としたセミナーです。

明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演ですので、是非、ご参加下さい。

募集は終了しました。あらかじめご了承下さい。

講師

勝木秀治先生(関東労災病院 中央リハビリテーション部 主任理学療法士)

講師プロフィール

学歴
H11.3月 九州リハビリテーション大学校卒業

職歴
H11.4月 関東労災病院 入職
H22.10月 主任理学療法士

資格
H11.4月 理学療法士
H25.3月 専門理学療法士(運動器)取得

具体的内容

肩関節の理学療法においては、疾患の病態を正確に把握することがもっとも重要です。今回は座学と実技を交えて、3DCT画像や解剖画像等を確認しながら、代表的な肩関節疾患について病態を正確に把握するための肩関節の動かし方や評価方法について確認していきます。

【実技内容】
1.肩関節の他動的な誘導方法
(“上手く”動かすには何に配慮する必要があるかを確認していきます。)
2.腱板筋などの触診
3.肩関節の不安定性の診方

【達成目標】
1.各肢位における肩甲上腕関節の適合の理解すること
2.解剖・機能解剖を踏まえて各疾患の病態を解釈できるようになること
3.肩関節を“上手く”動かすハンドリングのポイントを理解すること

開催日程など詳細

日時:平成29年9月23日(土)10:00~16:00
会場:運動と医学の出版社セミナールーム(川崎市宮前区宮崎2−7−51 リーセントパレス203号室)
参加費:12,000円(軽食付き)
誰でも参加可能です。参加資格は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

申込方法

募集は終了しました。あらかじめご了承下さい。

参加の可否にかかわらずe-mailにて報告します
undouki@ac.auone-net.jp よりメールにて連絡いたしますので
携帯電話でお申し込みの方は必ず受信可能に設定をしてください。
受信設定をされずにメール受信が不可能な場合の責任は負いかねます。



カテゴリー:講演の予定

このページの先頭へ

イメージ画像