中高齢者の整形外科疾患の評価と治療(変形性膝関節症、五十肩、腱板断裂、その他)


中高齢者の整形外科疾患に対する機能解剖学的運動療法

先着順にて応募受付中!

今回は、東京関節外科センター昭島整形外科 八木茂典先生をお招きします。

テーマは、中高齢者の整形外科疾患に対する機能解剖学的運動療法です。
整形外科疾患の理学療法において、もっとも対象者が多いのは中高齢者である。
今回は本物の理学療法士八木茂典先生をお招きし、中高齢者に多い変形性膝関節症、五十肩、腱板断裂などの疾患について評価と治療戦略について、八木先生の視点で鋭く解説いただきます。
高齢化社会の現代において、必ず役立つ講演になると思います。

まずは、下記の動画をご覧ください。

お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)
http://undouki0430.peatix.com

講師

​八木茂典先生
(東京関節外科センター昭島整形外科 医学博士, 理学療法士,
日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

具体的内容

●変形性膝関節症 
人は加齢とともに生体内に変化が生じます。関節軟骨は変性、菲薄化していきますが、中高年の方が全員痛みを生じているでしょうか。関節軟骨には神経がないので痛みは生じるはずありません。何が痛みを生じているのでしょうか。我々セラピストは関節軟骨を元に戻すことはできません。我々にできることは何でしょうか。
●拘縮肩
患者の皆さんの多くは「痛い」というより「動かせない」ことが主訴です。「人が動く」というのは、能動的に筋を収縮させることで、骨運動を生じさせています。そのとき各組織は運動に対しsmoothに動く必要があります。治療で行われることの多いストレッチングや筋力強化はその方法でいいですか。
●治療方法
ストレッチングは、筋を伸張する目的なら、筋の付着部と走行を熟知し、走行に沿って伸張すべきですが、その方向でいいですか。ストレッチングすると柔らかい部分が伸張され、硬くなっている部分はなかなか伸張されません。時間はどれだけ伸ばすべきでしょうか。
筋力強化は、鍛えたい筋が最短に収縮する方向に行うべきですが、そのエクササイズは適切ですか。収縮様式は等張性収縮が適切でしょうか、負荷量は適切でしょうか。

【参考】
「機能解剖に基づいた変形性膝関節症の治療」ジャパンライム,2017
「肩関節の機能解剖と臨床応用」PTジャーナル,2012

開催日程など詳細

日時:2018年4月30日(祝・月)10:00-16:00
会場:発明会館(東京都港区)
参加費:7,000円

対象:誰でも参加可能です。参加資格は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

申込方法

先着順にて応募受付中。あらかじめご了承下さい。

お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)
http://undouki0430.peatix.com


カテゴリー:講演の予定

このページの先頭へ

イメージ画像