リハビリテーションに活かす脳画像のみかた~臨床で活用するための皮質を中心とした基礎知識~


リハビリテーションに活かす脳画像のみかた~臨床で活用するための皮質を中心とした基礎知識~

先着順にて応募受付中

今回は、一般財団法人広南会広南病院 阿部浩明先生をお招きします。

テーマは、リハビリテーションに活かす脳画像のみかたです。
「リハビリテーションに活かす脳画像のみかた」は2日にわたる企画となっております。
2日の講演会を通じて、脳画像情報から自ら臨床推論し、その可能性について考えられるようになるための礎を築くことを目標とします。

1日でも参加可能ですが、脳画像の理解習得には2日間受講することをお勧めします。

お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)
http://undouki06090610.peatix.com

講師

阿部浩明先生
(一般財団法人広南会広南病院 リハビリテーション科
総括主任 (医学博士)理学療法士)

講師プロフィール

職歴:平成9年KKR宮城野分院勤務
平成15年東北文化学園大学医療福祉学部勤務
平成17年広南病院勤務(現在に至る)
資格:神経系専門理学療法士、認定理学療法士(脳卒中)、三学会合同呼吸療法認定士 など
教育歴:東北大学大学院肢体不自由学分野 非常勤講師
新潟医療福祉大学 非常勤講師
仙台保健福祉専門学校 非常勤講師
東北保健福祉専門学校 非常勤講師
郡山健康科学専門学校 非常勤講師 など
主な著書:高次脳機能障害に対する理学療法
脳卒中片麻痺者の歩行リハビリテーション
標準理学療法学 神経理学療法学
脳卒中理学療法の理論と技術 第2版
運動療法学第2版 など
賞罰:平成20年 第43回日本理学療法学術大会 大会長賞
平成21年 第18回日本意識障害学会 会長賞
平成24年 第33回東北脳血管障害研究会 医学奨励賞(中村隆賞)
平成25年 第48回日本理学療法学術大会 最優秀賞
その他の活動:日本神経理学療法学会運営幹部
学術誌 理学療法学編集委員
学術誌 脳科学とリハビリテーション編集協力委員
学術誌 理学療法の歩み査読委員 など

具体的内容

「リハビリテーションに活かす脳画像のみかた」は2回にわたる研修会です。2回の研修会を通じて、脳画像情報から自ら臨床推論し、その可能性について考えられるようになるための礎を築くことを目標とします。

【セミナー内容】
第1回の~臨床で活用するための皮質を中心とした基礎知識~では、なぜ画像情報を活用することで評価と治療プログラムの精度が上がるのか?その概念について解説し、画像を活用する上で必要不可欠な基本的な皮質を中心とした脳解剖を整理します。さらに、その脳解剖を臨床で眼にする事が多い水平断面の画像でみた場合にどのようにみえるのかを解説します。また、CT、MRIといった各種画像の特徴や病変がどのようにみえるのか、また、その病変は時間経過とともにどのような変化を起こすのかについて解説します。基礎的な脳解剖学を整理して、画像を活用するための基礎中の基礎を習得することを目的とします。

第2回の~臨床で活用するための神経線維の走行を中心とした知識~では、第1回の~臨床で活用するための皮質を中心とした基礎知識~にて学んだ基本的な皮質がどのような経路を通じて連絡しているかを学びます。そして、それらの走行と各種の症状の出現との関与を解説します。そのことにより、病巣と症状の関係性が理解できてきます。三次元的に神経線維の走行を解説し、その神経線維が臨床でよく眼にする水平断面上でどのように走行するのかを解説します。そして、脳血管の走行と栄養している領域を把握します。虚血性疾患であれば栄養領域の知識があれば、虚血性疾患の症状をより理解できるようになります。最後に複数の事例を紹介して損傷領域と神経症状の関連を学びます。
第1回の知識を習得されていない場合には、第2回の内容が理解しがたい場合もありますので、ご留意ください

開催日程など詳細

日時:2018年6月9日(土)10:00-16:00
2018年6月10日(日)10:00-16:00
会場:日本印刷会館 会議室(東京都中央区)
参加費:2日間 12,000円  1日のみ参加 各7,000円

対象:誰でも参加可能です。参加資格は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

申込方法

先着順にて応募受付中。あらかじめご了承下さい。

お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)

http://undouki06090610.peatix.com


カテゴリー:当研究会の主旨

このページの先頭へ

イメージ画像