第一回学術集会を終えて

平成29年3月19日(日)に第1回学術集会『歩行動作を改善するための私の治療の工夫』を無事終えることが出来ました。

この会を終えてみて、感想としてまず挙げられるのが「本当にやってみて良かった」ということです。

アンケートでも、想像以上に賞賛の意見が多かったです。

アンケートで、発表者の「治療技術」「評価法」を映像にして見せて欲しいと言う要望が多くあったため、下記にいくつか紹介します。

絶対に参考になると思います。是非、ご覧下さい。

・「私の考える股関節アプローチ」 北水会記念病院 山田 達也先生
前編:評価手技

後編:治療手技

・「歩行改善のための体軸内回旋を促通する手技について」 米子東病院 倉橋 徹先生
※※※只今、作成中です。もう少しお待ちください※※※

・「A’sメソッド 8つの運動戦略の評価とアプローチ」 川越リハビリテーション病院  阿久澤 直樹先生
前編

後編

・「形態構築アプローチの概念からみた歩行評価とその対応」 フリーランス 土屋 元明先生

このページの先頭へ

イメージ画像