私の考える脳卒中の理学療法 – 脳卒中片麻痺患者の姿勢と運動パターン改善のための評価と介入の実際 – (佐藤房郎先生)

私の考える脳卒中の理学療法 – 脳卒中片麻痺患者の姿勢と運動パターン改善のための評価と介入の実際 – (佐藤房郎先生)

メールマガジン受信限定セミナー。先着順で応募受付中。

この講演は、当研究会のメールマガジン受信者のみを応募対象としております。

東北大学リハビリテーション部門長の佐藤房郎先生を講師にお招きし、システム理論とクラインフォーゲルバッハの運動学を中心に脳卒中の理学療法について、実技を中心に講演して頂きます。
是非、ご参加下さい。

先着順にて応募受付中とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

講師

佐藤房郎先生(東北大学病院 副診療技術部長 リハビリテーション部門長、理学療法士)

講師プロフィール

1983年(昭和58年)国立仙台病院附属リハビリテーション学院卒
1983~2001年(平成13年)神奈川リハビリテーション病院
2001年~東北大学病院
非常勤講師:平成11年~滋賀医療技術専門学校、平成23年~宮城高等歯科衛生士学院、他;東北医療福祉専門学校(平成6~13年)、国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院(平成7~12年)、国立仙台病院附属リハビリテーション学院(平成14~20年)、仙台医療技術専門学校(平成15~26年)、宮城認定看護スクール(平成25~26年)

その他:平成25年~リハビリテーション教育評価機構評価員
平成27年~山形県立保健医療大学臨床教授

学術誌編集関連:理学療法学査読委員、東北理学療法学査読委員、理学療法ジャーナル編集同人

具体的内容

●脳卒中片麻痺患者の活動では、非対称性と不安定性を背景に、代償的な運動パターンが強化されやすい。一方、理想的な姿勢や運動パターンを強要することは、誤った治療戦略に陥りやすい。運動制御には、随意的要素と不随意的要素が総合的に関与していることから、片麻痺患者の活動制限を運動連鎖障害として捉えてみたい。病態を理解するための概念としてシステム理論とクラインフォーゲルバッハの運動学を中心に紐解き、運動連鎖障害の改善に向けた評価と介入の視点を紹介する。

【セミナー内容】
評価:姿勢と動作観察より全身的なマッスルインバランス(緊張性システムとして活性化されている筋緊張の分布)と優位なシナジーを把握し、基本動作で選択された運動パターンとの関連性を確認する。

治療:感覚刺激(皮膚接触)、支持点への介入(バイオメカニクス的な操作)、コアマッスルスタビリティートレーニング、課題指向的アプローチなど、知覚運動連関を活性化するための具体的な方略を紹介する。

到達目標:マッスルインバランスを把握できること、その修正案と提案できること、そして活動のベースとなる姿勢制御の重要性を体感しながら理解することである。

開催日程など詳細

日    時:2018年3月3日(土) 10:00-16:00 予定
会    場:運動と医学の出版社セミナールーム
(川崎市宮前区宮崎2−7−51 リーセントパレス203号室)
参加費:12,000円

対象:誰でも参加可能です。この講演は、当研究会のメールマガジン受信者のみを応募対象です。先着順にて応募を受付しています。
定員を超えた場合はキャンセル待ちとして受付いたします。
あらかじめご了承ください。

申込方法

先着順にて応募受付中。あらかじめご了承下さい。

参加の可否にかかわらずe-mailにて報告します
undouki@ac.auone-net.jp よりメールにて連絡いたしますので
携帯電話でお申し込みの方は必ず受信可能に設定をしてください。
受信設定をされずにメール受信が不可能な場合の責任は負いかねます。

お申し込みは以下のフォームにご記入ください。

申し込みフォーム

先着順にて応募受付中
下記応募フォームに必要事項を入力し、最後に登録ボタンを押してください。



申し込みフォーム
氏名 *
例)運動 太郎
氏名(フリガナ) *
例)ウンドウ タロウ
お住まいの都道府県 *
病院・施設ではなく、お住まいの都道府県を選んでください
所属(施設、病院、社名など) *
電話番号(例:03-1234-5678) *
メールアドレス *
※半角英数字
メールアドレス確認のため
もう一度入力
*

※半角英数字
職業(保有資格など、複数回答可) * 理学療法士
作業療法士
医師
看護師
柔道整復師
トレーナー
その他
保有資格などお答え下さい。複数選択可。
職業の経験年数 *  年
主な職業の経験年数をお答え下さい
職業で”その他”を選択した方
職業で”その他”を選ばれた方は入力してください(複数入力可)
専門理学療法士のポイント申請の方 本講演はポイント対象ではございません。あらかじめご了承ください。
※講演をお申し込みいただいた方には当研究会からのご案内をメール配信させていただきます。あらかじめご了承ください

このページの先頭へ

イメージ画像