『解剖学・運動学・生理学(修復過程)・触診・手術療法の理解より、TKA術後運動療法を考える』実技セミナー

『解剖学・運動学・生理学(修復過程)・触診・手術療法の理解より、TKA術後運動療法を考える』実技セミナー

満席になりました。

今回は、桑名西医療センター・松本正知先生をお招きします。
テーマは、『解剖学・運動学・生理学(修復過程)・触診・手術療法の理解より、TKA術後運動療法を考える』です。
TKA術後の運動療法の考えるために必要な基礎知識の整理、整形外科的治療の理解、評価と運動療法の考え方を実技体験をまじえてお話ししていただきます。
明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演ですので、是非、ご参加下さい。

満席になりました。

講師

松本 正知 先生(桑名西医療センター 整形外科 リハビリテーション室)

講師プロフィール

【略歴】
平成元年3月 東邦大学 理学部化学科 卒業
平静元年4月 ヤマモリ 入社 工場管理課 配属
平成4年3月 同社 退社
平成4年4月 平成医療専門学院 理学療法学科 入学
平成7年3月 同校 卒業
平成7年4月 桑名市民病院 整形外科 リハビリテーション室 入社
平成24年4月 桑名西医療センタ- 整形外科 リハビリテーション室 在職中
平成26年4月 奈良県立医科大学大学院 修士課程 スポーツ医科学講座 入学
平成28年3月 同大学院卒業 医科学修士取得

【対応可能疾患】
 整形外科疾患・スポーツ疾患・中枢系疾患

【認定資格】
 整形外科リハビリテーション学会 AAA認定理学療法士

【所属学会】
 整形外科リハビリテーション学会
 日本肩関節学会
 日本整形外科超音波学会

業績
【論文】
・松本正知,他:梨状筋症候群に対する運動療法の試み.理学療法学,30(5):307-313,2003
・松本正知,他:角度調節が簡単で足部の状態に合わせ易い夜間装具の試作:PTジャーナル,vol40 No6:p494,2006
・松本正知、加藤明ほか:頸椎症性筋萎縮症(keegan型頸椎症)に対する運動療法の試み -肩関節の解剖学と運動学に基づく運動療法-.理学療法学,36(2):62-69,2009
・松本正知、青木隆明:短内転筋の一触診法、PTジャーナル,vol45 No9:p809,2011
・松本正知:上腕骨近位端骨折の評価と理学療法:理療 vol 40 No1:24-30,2010
・松本正知:TKA術前と術後の超音波診断装置を用いた定性的観察-CPMを使用しない理学療法-:整形外科リハビリテーション学会誌,vol14:77-81,2011
・松本正知、鵜飼建志:上腕骨近位端骨折の理学療法:関節外科Vol.32 No.9,79-83,2013
・松本正知、他:結帯動作に重要な肩甲上腕関節の可動域-健常成人における結帯動作についての一考察-:整形外科リハビリテーション学会誌,vol16:51-54,2014.
・松本正知、他:TKA後のCPMを使用しない理学療法の治療成績-1~2.5年の追跡調査-:整形外科リハビリテーション学会誌,vol16:55-58,2014.
・松本正知、他:超音波診断装置を用いた内側と外側縦アーチ評価の試み―評価器具の開発と信頼性の検討―:日整超会誌,第27巻 第1号:68-73,2015. 等

【書籍】
1)関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 上肢. 2008:分担執筆
2)関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹. 2008:分担執筆
3)松本正知:骨折・脱臼の理学療法,標準理学療法学 専門分野 骨関節理学療法学,医学書院,24,2012
4)改訂第2版 関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 上肢. 2014:分担執筆
5)改訂第2版 関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹.2014:分担執筆
6)骨折の機能解剖学的運動療法-その基礎から臨床まで- 総論・上肢. 2015:単著
7)骨折の機能解剖学的運動療法-その基礎から臨床まで- 体幹・下肢. 2015:単著

【発表】国際学会のみ
1.Masaki yamamaoto,Takuya Yamasaki,Masatomo Matsumoto, et al.:The relationship of trunk extension and rotation in lumbago. 11th International congress of the Asian confederation for Physical therapy.Bari.2010.
2.Masatomo Matsumoto, et al. : A range of motion gained better than the unaffected side of the glenohumeral joint where the movement of the hand lifting along the spine on the back was required.4th International congress of shoulder and elbow therapist.Nagoya.2013
3.Masatomo Matsumoto, et al. : THE SHORT AND MIDDLE TERM RESULTS OF THERAPEUTIC EXERCISE FOR TKA POSTOPERATIVE WITHOUT USING CPM.WCPT-AWP & ACPT congress 2013.Taiwan.
4.Masatomo Matsumoto, et al. : The Examination of The Scapular Position Fixed for Accurate Measuring The Range of Motion of Glenohumeral Joint.(FP-TS-1-0004).Th5th International Congress of Shoulder and Elbow Tharapist.2016.Korea

【非常勤講師】
中部リハビリテーション専門学校 非常勤講師

具体的内容

・人工膝関節置換術に対する理学療法
人工膝関節置換術(以後:TKA)は、変形性膝関節症やリウマチ疾患など、膝関節の変形に伴う、疼痛、可動域制限、筋力低下を改善し、ADL・QOLの向上を目的に行われます。手術法は、骨折に対する手術と比較すれば画一的な手技であるにもかかわらず、可動域の改善に難渋することも少なくありません。本講義は、TKA術後の運動療法の考えるために必要な基礎知識の整理、整形外科的治療の理解、評価と運動療法の考え方を実技体験をまじえてお話しさせていただきます。

【セミナー内容】「解剖学・運動学・生理学(修復過程)」「触診」「手術法の理解」を基に、「TKA術後の評価と運動療法」について考えると共に、「獲得された患側膝関節機能を維持するための、体幹とその他の関節へのアプローチ」「出来てしまった拘縮を除去するための評価と運動療法」についてUS像を交え、お話しさせていただきたいと思います。特に、伸展-5°以下、120°以上の深屈曲域の獲得について、こだわった内容です。

【到達目標】
①膝関節周辺の解剖学の再確認
②触診の体験
③膝関節運動の再確認
④手術方法の一部の理解
⑤修復過程の理解と、可動域制限の原因を理解する。
⑥評価・治療実技の体験

開催日程など詳細

日時:平成29年12月16日(土) 10:00~16:00
人数:24名
会場:運動と医学の出版社セミナールーム
   (川崎市宮前区宮崎2−7−51 リーセントパレス203号室)
参加費:12,000円

対象:満席になりました。

申込方法

満席になりました。

参加の可否にかかわらずe-mailにて報告します
undouki@ac.auone-net.jp よりメールにて連絡いたしますので
携帯電話でお申し込みの方は必ず受信可能に設定をしてください。
受信設定をされずにメール受信が不可能な場合の責任は負いかねます。

お申し込みは以下のフォームにご記入ください。

申し込みフォーム

下記応募フォームに必要事項を入力し、最後に登録ボタンを押してください。


 

   

氏名*

例)運動 太郎
氏名(フリガナ)*

例)ウンドウ タロウ
お住まいの都道府県*
※病院・施設の所在地ではなく、お住まいの都道府県を選んでください
所属(施設、病院、社名など)*
電話番号
(例:03-1234-5678)
*
メールアドレス*

※半角英数字
メールアドレス確認のため
もう一度入力
*


※半角英数字
職業(保有資格など、複数回答可)* 理学療法士
作業療法士
医師
看護師
柔道整復師
トレーナー
その他 保有資格などお答え下さい。
※複数選択可
職業の経験年数*  年
※主な職業の経験年数をお答え下さい
PT協会専門理学療法士のポイント申請
※新人教育プログラム終了の方のみ
ポイント申請が可能です
認定講座ではございません。予めご了承願います。
職業で”その他”を選択した方

職業で”その他”を選ばれた方は入力してください
(複数入力可)
※講演をお申し込みいただいた方には当研究会からのご案内をメール配信させていただきます。あらかじめご了承ください

このページの先頭へ

イメージ画像