『四肢・体幹の運動連鎖と操作方法』実技セミナー

『四肢・体幹の運動連鎖と操作方法』実技セミナー

メールマガジン受信限定セミナー。

キャンセル待ちも満席となりましたので、
お申し込みを終了させていただきました。

この講演は、当研究会のメールマガジン受信者のみを応募対象としております。

座学の講演会で好評でした財前知典先生の実技セミナーです。
明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。
たくさんのご応募おまちしております。

講師

財前 知典先生(広尾整形外科 副院長 理学療法士)

講師プロフィール

【所属】 広尾整形外科 副院長 理学療法士
【最終学歴】東都リハビリテーション学院,日本歯科大学大学院生命歯学研究科解剖学第一講座
【学位】 博士
【主な経歴】
2000年4月 白岡整形外科
2004年4月 東都リハビリテーション学院
2005年4月 広尾整形外科 副院長 兼 東都リハビリテーション学院 非常勤講師
【専門分野】
運動器疾患の理学療法・解剖学・機能解剖学
【研究分野】
身体機能分類と動きの法則性
【著書】
・外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法(医歯薬出版)
・ブラッシュアップ理学療法 ~88の知が生み出す臨床技術~(三輪書店)
・外来整形外科のためのスポーツ外傷・傷害の理学療法(医歯薬出版)
【論文】
・1列底屈誘導テーピングと歩行立脚相における腓腹筋活動の関係(専門リハビリテーション研究会誌,9)
・入谷式足底板におけ長パッドが歩行時大腿部筋活動および外転筋力に与える影響(理学療法科学,25)
・後足部レベル横アーチパッドが膝関節および骨盤前方加速度に与える影響について(理学療法科学,26)
・足底接地の早さと後足部レベル横アーチパッドが歩行時下肢筋活動に与える影響(理学療法科学,28)
・インソールのバイオメカニクス(臨床スポーツ医学,33巻1号)

具体的内容

●理学療法士は動作を改善させることによって患者さんのニーズに応える仕事である。動作を改善することによって「痛みを軽減する」「パフォーマンスを向上させる」「呼吸を楽に行える」「行動範囲を拡大する」「ADL・QOLを向上させる」「歩容を改善する」「健康寿命を延ばす」などの様々なニーズに応えることが可能である。しかし、いざ動作を改善するとなると正常を基準に展開し、可動域や筋力訓練、動作の反復練習といった短絡的な方法を行っていることも少なくない。現在、正常と捉えられているものはただの平均である。平均に近づければ効率の良い動作になる保証はどこにもないばかりか、逆効果になってしまうことも少なくない。理学療法で結果を出すためには、個人個人を評価し、良い動作の方向性を決定することが重要となる。その方向性の決定を臨床的に簡便にする方法としては、誘導の法則や運動連鎖を理解し適切に用いる必要がある。
【到達目標】
●徒手誘導の法則性を理解し、効率的動作の判断基準を身につける。
●四肢と体幹の運動連鎖を理解する。
●様々な方法でアプローチできることを実感する。

開催日程など詳細

日  時:2018年4月8日(日)10:00-16:00 予定
参加人数:24名
会  場:運動と医学の出版社セミナールーム
(川崎市宮前区宮崎2−7−51 リーセントパレス203号室)
参 加 費:12,000円

対象:誰でも参加可能です。この講演は、当研究会のメールマガジン受信者のみを応募対象です

申込方法

キャンセル待ちも満席となりましたので、
お申し込みを終了させていただきました。

このページの先頭へ

イメージ画像