第2回 臨床に役立つ治療技術集会!

第2回 臨床に役立つ治療技術集会!

来年もアウトプットの場として、「臨床に役立つ治療技術集会」を開催いたします(治療を見せ合いっこするという概念から名前を「学術集会」から変更しました(^^;) )。

2回目となる今回のテーマは、すばり「腰痛に対する私の治療の工夫」です。
演題を募集しています。

→ 演題のご応募はコチラ

下記の動画もご覧ください。

第2回臨床に役立つ治療技術集会!

テーマ「腰痛に対する私の治療の工夫」
日時:平成30年3 月24 日(土)10:00~16:00 予定
会場:大田区民ホール・アプリコ 小ホール(東京都大田区)

内容

下記はすべて仮の例として掲示しております。今後皆様からの演題応募を募り、内容を決定します。予め、ご了承下さい。

・特別講演Ⅰ(10:10~11:10)※ すでに決定している講演です。
「腰痛の評価と治療」          あそか病院 鈴木 貞興

・仮案:セッションⅠ(腰痛症)(11:15~12:30)
(※ このセッションは仮案です。このような知識・技術を公開して頂けることを切望しております。)
1.体幹伸展痛に対する私の治療の工夫           臨床家病院  臨床 太郎
2.体幹屈曲痛に対する私の治療の工夫           臨床家病院  臨床 太郎
3.腰部の筋緊張を緩めるための工夫            臨床家病院  臨床 太郎

昼休憩 (12:30~13:30)

・仮案:セッションⅡ(椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症)(13:30~15:10)
(※ このセッションは仮案です。このような知識・技術を公開して頂けることを切望しております。)
4.椎間板ヘルニアの痛みの評価              臨床家病院  臨床 太郎
5.椎間板ヘルニアの歩行の改善              臨床家病院  臨床 太郎
6.神経症状がある症例の私の治療方法           臨床家病院  臨床 太郎
7.脊柱菅狭搾症のアラインメント改善について       臨床家病院  臨床 太郎

・特別講演Ⅱ(15:15~16:00) ※ すでに決定している講演です。
「腰痛改善のための私の工夫と概要」     コンディション・ラボ 園部俊晴

→ 演題のご応募はコチラ

この業界には、勉強家であり、実績も上げながら、ただ自分が働いている周辺だけに自身の力を活かしている人がいると思います。医療は貢献を重んじる業種であることから、こういった知識や技術が埋もれてしまうとしたらもったいないと感じます。
そこで「学んだ知識や技術を公開する場をつくってはどうだろう」と思い、当研究会では治療技術を応募します。自分の技術を広めることもできますし、またその技術を多くの療法士が活かせればたくさんの患者さんの助けになると思います。

「自分の知識を多くの人に提供するための場」がないことは事実ですので、自らの知識や技術を療法士や患者様に役立てるために、この機会をご利用してもらえばと思います。

また、「私の職場のこの人の治療技術を紹介したい」という希望あれば、是非この会を利用してください。

→ 演題のご応募はコチラ

このページの先頭へ

イメージ画像