膝関節の理学療法

膝関節の理学療法

本講演は終了しました

膝関節の理学療法を『機能解剖』『アスレチックリハビリテーション』『動作や姿勢』の3つの視点から各臨床家の先生に講演して頂きます。切り口の異なる各先生の考えを学ぶことで臨床応用の手がかりを感じることができると思います。

講師

吉田 昌平 先生(京都がくさい病院主任理学療法士)
今屋 健 先生(関東労災病院主任理学療法士)
園部 俊晴 先生(関東労災病院主任理学療法士)

具体的内容

1.機能解剖から考える膝関節の理学療法 (9:30-11:20)
 今屋 健 先生(関東労災病院主任理学療法士)
2.膝関節疾患のアスレチックリハビリテーション(11:30-14:20)
 吉田 昌平 先生(京都がくさい病院主任理学療法士)
3.膝関節疾患の動作や姿勢の捉え方(14:30-16:20)
 園部 俊晴 先生(関東労災病院主任理学療法士)

開催日程など詳細

日時:平成23年10月23日(日)9:30~16:30
参加人数:500名予定
会場:埼玉県立大学(埼玉県越谷市)
参加費:2000円
対象:誰でも参加可能

参考文献

56202265
改訂版・「効果的な文章の書き方」入門


改訂版「スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーション」

カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像