私の考える膝関節の理学療法(超音波機能解剖と運動療法との接点、林典雄先生)

私の考える膝関節の理学療法(超音波機能解剖と運動療法との接点、林典雄先生)

終了しました

2013年2月に再び中部学院大学教授 林典雄先生を
講師にお招きすることができました。

今回のテーマは『膝』です。前回同様に今回も
度肝抜かれる内容をお話し頂けると思います。

林先生は理学療法界の未来を作る人だと、当研究会一同は考えています。

今後も林先生の考えや技術を広めることに貢献していきたいと考えています。

講師

林 典雄 先生(中部学院大学教授)

具体的内容

1.膝関節疾患の捉え方
・概要:膝関節疾患をどの様に捉えるのか、その考え方を解説して頂きます。
・各論:各疾患別にその病態はどのようになっているのかを解説して頂きます。
2.治療の考え方と実際
・各疾患の治療の考え方:「1.の疾患の病態の解説」を踏まえ、治療はどのように考えていくのかを説明して頂きます。
・各疾患の治療の実際:実際の治療を説明して頂きます。

開催日程など詳細

日時:平成25年2月3日(日)10:00-16:00 予定
参加人数:200名程度予定
会場:臨床福祉専門学校 講堂(東京都江東区)
参加費:7,000円
対象:誰でも参加可能です

参考文献

59307739
肩関節拘縮の評価と運動療法

カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像