浅野昭裕の足関節疾患の理学療法

浅野昭裕の足関節疾患の理学療法

平成26年も碧南市民病院リハビリテーション科技師長の浅野昭裕先生を講師にお招きします。平成25年4月にも【外傷後・術後の理学療法 早くきれいに直す皮膚操作法】講演を当研究会にて開催し、受講生から「非常にわかりやすかった」「常に疾患のイメージができるようになった」「臨床ですぐに使える」等、大変ご好評をいただきました。

今回は「足関節の理学療法」について、少人数での実技講演を行います。前回同様、今回も臨床の現場に活かせる知識がたくさん詰まった講演になると確信しております。

応募が定員を大幅に超えると予測されるため、2014年2月13日(木)を応募締め切りとし、参加資格は抽選とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

講師

浅野 昭裕 先生(碧南市民病院リハビリテーション科技師長。整形外科リハビリテーション学会 常任理事。日本理学療法士協会 専門理学療法士(運動器))
主な著書に「運動療法に役立つ単純 X 線像の読みかた」「整形外科運動療法ナビゲーション(上肢)」「整形外科運動療法ナビゲーション(下肢・体幹)」などがある。

内容

足関節疾患の運動療法を実技形式で行います。主な内容は以下になります。
・受傷機転から損傷組織、損傷部位を考える。
・足関節部のX線像の読み方を学ぶ
・修復時期に応じた運動療法を考える。

開催日程など詳細

日時:平成26年4月13日(日)10:00~16:00予定 
参加人数:30名程度予定
会場:関東労災病院リハビリテーション訓練室B1(神奈川県川崎市)
参加費:少人数の実技講習で9000円

対象:今回は臨床経験5年目以上の方を対象とさせて頂きます。応募が定員を大幅に超えると予測されるため、参加資格は抽選とさせていただきます。

カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像