皮膚運動学の臨床応用(山口 耕平 先生)

皮膚運動学の臨床応用(山口 耕平 先生)

終了しました

今回は、皮膚について山口耕平先生をお招きし講演頂きます。皮膚はこの業界の一画を担うほどの重要な器管です。皮膚の実際の臨床応用方法について、実技を中心に講演頂きます。

皮膚の誘導方法やテーピングの実際など明日から使える講演になると思います。是非、ご応募ください。

講師

山口 耕平 先生(脇田整形外科 総合リハビリテーション科科長 / 理学療法学修士)

具体的内容

皮膚は身体運動と密接な関係を持つ。セラピストにとってこの関係性を知ることは臨床上非常に有意義だと考える。

本講義では、福井勉氏著書“皮膚運動学”および“皮膚テーピング”に基づき、その臨床的意義や具体的な利用方法・臨床応用について、皮膚に関する臨床的な科学的知見を交えながらお伝えする。

開催日程など詳細

日時:2015年1月18日(日)10:00-16:00 予定
参加人数:30名程度予定
会場:川崎市生涯学習プラザ活動室(神奈川県川崎市、武蔵小杉駅徒歩10〜15分)
参加費:7,000円

対象:誰でも可能ですが、講演当日までに「皮膚運動学」もしくは「皮膚テーピング」の書籍を一読しご参加下さい。


以下の書籍をお読みになってからご参加ください

皮膚運動学」:amazonへリンクしています

皮膚テーピング」:運動と医学の出版社へリンクしています

カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像