「歩行の基礎知識と運動連鎖」
「ランニングの見方・考え方~大学長距離選手のトレーナー活動を通じて」

終了しました

今回は、園部俊晴先生(関東労災病院中央リハビリテーション部)と太田輝之先生(株式会社PNF研究所・東洋大学陸上競技部トレーナー)にご講演いただきます。

午前の部は園部先生「歩行の基礎知識と運動連鎖」と題して、歩行を中心にお話いただき、
続いて午後の部は太田先生に「ランニングの見方・考え方~大学長距離選手のトレーナー活動を通じて」と題してランニングについてお話いただきます。

是非、ご参加下さい。

各講座については下記から詳細をご確認ください。

「歩行の基礎知識と運動連鎖(園部俊晴先生)」

講師

園部俊晴先生(関東労災病院 中央リハビリテーション部)

講師プロフィール

関東労災病院リハビリテーション科主任理学療法士。
足・膝・股関節など、整形外科領域の下肢障害の治療を専門としている。一般の患者様からスポーツ選手まで幅広く支持される。身体の運動連鎖や歩行に関する研究および文献多数。「スポーツ外傷・障害の術後のリハビリテーション」「医療従事者のための効果的な文章の書き方」など著書多数。
新聞、雑誌、テレビなどのメディアにも多く取り上げられる。また、運動連鎖を応用した治療概念は、専門家からの評価も高く全国各地で講演活動を行う。

具体的内容

「姿勢をみて、どこに負担が掛かるか、予測ですか?」
「歩行をみて、どこに負担が掛かるか、予測ですか?」
「骨関節形態の特性をみて、どこに負担が掛かるか、予測ですか?」
これらを解決するための糸口は、まずは身体のメカニカルストレスがどのように決定されているのかを力学的に理解することが必要です。このことを理解するために、以下の項目で講演致します。

1.メカニカルストレスを考える際して知っておきたい基本 「モーメントの考え方」
2.歩行の基礎知識と運動連鎖 「歩行の知識と影響因子」

「ランニングの見方・考え方
大学長距離選手のトレーナー活動を通じて(太田輝之先生)」

講師

太田輝之先生(株式会社PNF研究所・東洋大学陸上競技部トレーナー)

講師プロフィール

株式会社PNF研究所所属、東洋大学陸上競技部(長距離部門)、
トレーナーNPO法人日本PNF協会 理事・事務局長、理学療法士、鍼灸師

具体的内容

ランニングはスポーツにおいて基本的な動作の一つである。しかしこの基本的な動作を紐解いていくと様々なランニングフォームの選手がおり、そして障害も様々である。本講演ではランニング動作の特徴、個別性、障害についてお話させていただくとともに、その評価や改善のポイントを講義させていただきます。
 

開催日程と申込方法

開催日程など詳細

終了しました
日時:2015年6月7日(日)10:00-16:00 予定
 午前の部 10:00-12:30 園部 俊晴 先生
 「歩行の基礎知識と運動連鎖」
 午後の部 13:30-16:00 太田 輝之 先生
 「ランニングの見方・考え方 大学長距離選手のトレーナー活動を通じて」
参加人数:200名程度
会場:川崎市産業振興会館 (JR川崎駅より徒歩8分)
参加費:4,500円

対象:誰でも可能です

参加の可否にかかわらずe-mailにて報告します
undouki@ac.auone-net.jp よりメールにて連絡いたしますので
携帯電話でお申し込みの方は必ず受信可能に設定をしてください。
受信設定をされずにメール受信が不可能な場合の責任は負いかねます。


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像