足部の機能障害に対する独自の知見と改善方法-可動域改善と筋力強化を中心に-(大工谷 新一 先生)

足部の機能障害に対する独自の知見と改善方法(可動域改善と筋力強化を中心に)

終了しました

今回は大工谷 新一先生に「足部の機能障害に対する独自の知見と改善方法(可動域改善と筋力強化を中心に)」と題して講演いただきます。実技を中心に少人数でご教授いただきます。

講師プロフィール

大工谷 新一 先生(株式会社リビングケア 取締役)

■免許・資格
理学療法士,日本体育協会公認アスレティックトレーナー, 専門理学療法士(運動器,基礎)
■学歴
平成 3年 京都大学医療技術短期大学部理学療法学科 卒業
平成14年 大阪体育大学大学院博士前期課程スポーツ科学研究科修了,修士(スポーツ科学)
平成21年 大阪体育大学大学院 博士後期課程 スポーツ科学研究科修了,博士(スポーツ科学)
■職歴
平成 3年 京都地域医療学際研究所附属病院
平成 6年 関西医療学園専門学校
平成17年 岸和田盈進会病院
平成27年から現職
■業績(著書:20 論文:151 学会発表:466)
主な著書
・ EMG Methods for Evaluating Muscle and Nerve Function(InTech, 分担執筆, 2011)
・ 運動器疾患の評価と理学療法(アイペック,編著)
・ アスリートのリハビリテーションとリコンディショニング(文光堂,分担執筆)
・ ランニング障害のリハビリテーションとリコンディショニング(文光堂,分担執筆)

具体的内容

運動器疾患における関節可動域の制限や筋力低下の多くは,適切な機能評価に基づいた基本的な理学療法技術を,関節の運動軸に配慮した”正しい”運動により実施することで改善されます.

今回は,足関節・足部の可動域制限と筋力低下に対する理学療法の実際を,独自の知見に基づいて実技を中心にお伝えしたいと思います.

開催日程など詳細

日時:平成27年8月2日(日)10:00-16:00 予定
参加人数:20-30名程度予定
会場:足と歩きの研究所​(横浜市青葉区荏田北1丁目6-1-A)
参加費:9,000円

対象:誰でも参加可能です.参加資格は抽選とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像