療法士が知っておきたい歩行の知識と臨床応用(西守隆先生)

療法士が知っておきたい歩行の知識と臨床応用

終了しました

今回は西守隆先生に、「療法士が知っておきたい歩行の知識と臨床応用」と題してご講演いただきます。

先着順にて応募受付とさせて頂きます。当日会場での受け付けも行いますので、会場まで足をお運びいただけたらと思います。あらかじめご了承下さい。

<この講演を企画した理由>
我々が取り扱う患者様の要望で最も多いのは、「歩けるようになりたい」です。だから、我々療法士は歩行について最も精通している職種でなければなりません。
そういった意味で、歩行の研究における第一人者である西守隆先生をお招きしました。先生から歩行の知識を学ぶことでたくさんの臨床のヒントが得られると確信しております。

講師

西守 隆 先生(関西医療学園専門学校 理学療法学科 教務部長)

講師プロフィール

平成8年 関西医療学園専門学校 理学療法学科卒業
大阪府内のPL病院(総合病院)勤務
平成13年関西医療学園専門学校で教鞭をとる
大阪体育大学 スポーツ科学研究科に入学、歩行と走行についてのバイオメカニクス的解釈を研究
現職は関西医療学園専門学校 理学療法学科 教務部長 スポーツ科学博士
歩行や動作分析に関する著作 メジカルビュー社の「臨床歩行分析ワークブック」
近日,理学療法士による動作分析に関する書籍を発刊予定

具体的内容

理学療法士は,動作観察する際に,身体運動の動きのフォームに着眼することが多いです.正常歩行と言われる動作で必要となる関節角度の参考値は知るべきであるが,それらの角度は歩行速度の変化で異なってきます.本講義では,歩行速度の増加で生じる歩行動作の空間的・時間的パラメータの変化,および身体に加わる力を説明する.そして代表的な逸脱歩行の例を挙げ,臨床的な動作観察の洞察力を深める.

開催日程など詳細

日時:平成28年3月6日(日)10:00〜16:00
参加人数:200名程度予定
会場:臨床福祉専門学校(東京都江東区)
参加費:6,000円

対象:誰でも参加可能です.参加資格は先着順とさせて頂きます。今回は当日受付も行います。あらかじめご了承下さい。
本講演は「専門理学療法士制度ポイント認定講習会」ではありません。


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像