股関節周囲筋の機能解剖と筋力トレーニング(今屋健先生)

股関節周囲筋の機能解剖と筋力トレーニング

終了しました

今回は今屋健先生をお招きし、「股関節周囲筋の機能解剖と筋力トレーニング」と題して講演いただきます。

明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

講師

今屋 健(いまやたけし)先生(関東労災病院中央リハビリテーション部主任理学療法士)
【学歴】
平成4年3月九州リハビリテーション大学校卒業
【職歴】
平成4年4月関東労災病院入職
【資格】
理学療法士 認定スポーツ理学療法士
日本体育協会認定アスレティックトレーナー
【業績】
書籍:スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーション(運動と医学の出版社)など多数

具体的内容

 股関節は下肢と体幹をつなぐ関節であり、膝関節疾患や足部・足関節疾患を治療する上でもアプローチが必要となってきます。また股関節の周囲筋は、角度によって活動する筋が異なってきます。例えば、中殿筋を有意に使うには?小殿筋を有意に使うには?また、大内転筋や長内転筋は? 各々の筋を意識してトレーニングするには、どこに注意すればいいのか? 
 本講演では健常股関節の周囲筋における、筋の機能解剖と非荷重位における筋力トレーニングについて、基礎的なお話しさせていただきます。
 興味のある方は是非ご参加ください。

開催日程など詳細

日時:2016年8月7日(日)10:00-16:00 予定 
参加人数:24名程度予定
会場:運動と医学の出版社セミナールーム(神奈川県川崎市)
参加費:10,000円

対象:誰でも参加可能です.参加資格は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。


カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像