非特異的腰痛の評価と運動療法(荒木 秀明 先生)

非特異的腰痛の評価と運動療法(荒木 秀明 先生)

終了しました

今回は荒木秀明先生をお招きし、「非特異的腰痛の評価と運動療法」と題して講演いただきます。

明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

この講演の内容の一部を荒木秀明先生より事前に頂き、解説付きで動画にしました。普通の腰痛のセミナーとは、ひと味もふた味も違うのが分かると思います。
是非、下記の映像を閲覧してください。

先着順にて応募受付中とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

なお、専門理学療法士制度ポイント認定講習会ではございません。あらかじめご了承ください。

講師

荒木 秀明 先生(日本臨床徒手医学協会 代表理事)

講師プロフィール

出身校/熊本リハビリテーション学院
経歴/昭和59年 成尾整形外科
   平成6年  札幌円山整形外科病院
   平成10年 天生堂医院
   平成15年 琉球リハビリテーション学院
   平成17年 JMMA academy 郡山
   平成19年 姫野病院
   平成25年 日本臨床徒手医学協会

具体的内容

l .非特異的腰痛症とは何か、その定義を明確にします。
l .腰痛診断のトリアージとは何か、レッドフラッグ・グリーンライト・イエローフラッグの定義と代表的症例を供覧します。
l .骨盤は解剖学的に非対称?、骨盤の非対称性の鑑別方法を自動運動で評価します。
l .体幹コアトレーニングで十分なのか?60年以上前に報告された腹腔内圧理論から、後部靭帯系理論、深層筋系(コア)理論、そしてfunctional core trainingへの変遷をお伝えします。

開催日程など詳細

日時:平成28年10月22日(土)10:00~16:00
参加人数:200名程度予定
会場:発明会館(東京都港区虎ノ門2丁目9−14)
参加費:6,000円

対象:誰でも参加可能です.参加資格は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

カテゴリー:活動実績

このページの先頭へ

イメージ画像