私の考えるスポーツ動作の診かた、作り方

『私の考えるスポーツ動作の診かた、作り方』実技セミナー

八木茂典先生(東京関節外科センター昭島整形外科 医学博士, 理学療法士)の実技セミナーを開催します。
八木先生は機能解剖を主体として展開する素晴らしい臨床家です。
必ず臨床に役立つ講演をして頂けると確信しております。
体力が必要な実技セミナーときいております。翌日には座学セミナーも開催します。

明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

たくさんのご応募おまちしております。
先着順で受付けをしております。

お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)
http://undouki0429.peatix.com

講師

​八木茂典先生(東京関節外科センター昭島整形外科)

講師プロフィール

東京関節外科センター昭島整形外科
医学博士, 理学療法士, 日本体育協会公認アスレティックトレーナー

具体的内容

●スポーツにおける「走る」「跳ぶ」「止まる」などの動作を、機能解剖学的に解釈することで、われわれセラピストだからできる運動指導を目指します。シューズや道具を武器として扱えるようになることもスポーツ選手を診るうえで必要だと思います。
●本セミナーはエビデンスに乏しいので、大きな声では言えません。私の臨床経験を機能解剖的に裏付けし、プライベートセミナーとして私の考えをお話しし、皆さんにご意見いただきたく思います。

持ち物・服装

シューズ、タオル、軽装

八木先生よりコメント

このセミナーは体力が必要です。

開催日程など詳細

日  時:2018年4月29日(日)10:00-16:00 予定
参加人数:24名
会  場:運動と医学の出版社セミナールーム
(川崎市宮前区宮崎2−7−51 リーセントパレス203号室)
参 加 費:12,000円
対象:誰でも参加可能です。

申込方法

先着順で受付けをしております。
お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)
http://undouki0429.peatix.com

カテゴリー:当研究会の主旨

このページの先頭へ

イメージ画像