運動連鎖を臨床に活かす

運動連鎖を臨床に活かす

先着順にて応募受付中!

今回は、広尾整形外科 財前 知典先生と園部のコラボで講演会を開催します。

テーマは、運動連鎖を臨床に活かすです。
運動連鎖は臨床を構築する上で非常に有用な概念です。
今回は財前 知典先生に上肢を園部が下肢と体幹の連鎖について解説します。
体幹との運動連鎖が身につく講演になると思います。

まずは、下記の動画をご覧ください。

お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)
http://undouki0603.peatix.com

講師プロフィール

財前 知典先生(広尾整形外科 副院長 博士, 理学療法士)
【最終学歴】
東都リハビリテーション学院,日本歯科大学大学院生命歯学研究科解剖学第一講座
【学位】 博士
【主な経歴】
2000年4月 白岡整形外科
2004年4月 東都リハビリテーション学院
2005年4月 広尾整形外科 副院長 兼 東都リハビリテーション学院 非常勤講師
【専門分野】
運動器疾患の理学療法・解剖学・機能解剖学
【研究分野】
身体機能分類と動きの法則性
【著書】
・外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法(医歯薬出版)
・ブラッシュアップ理学療法 ~88の知が生み出す臨床技術~(三輪書店)
・外来整形外科のためのスポーツ外傷・傷害の理学療法(医歯薬出版)
・膝・下腿骨骨折と足部・足関節機能.極める膝(文光堂)
【論文】
・1列底屈誘導テーピングと歩行立脚相における腓腹筋活動の関係
(専門リハビリテーション研究会誌,9)
・入谷式足底板におけ長パッドが歩行時大腿部筋活動および外転筋力に与える影響
(理学療法科学,25)
・後足部レベル横アーチパッドが膝関節および骨盤前方加速度に与える影響について
(理学療法科学,26)
・足底接地の早さと後足部レベル横アーチパッドが歩行時下肢筋活動に与える影響
(理学療法科学,28)
・インソールのバイオメカニクス(臨床スポーツ医学,33巻1号)

園部 俊晴 (コンディション・ラボ 所長)
足・膝・股関節など、整形外科領域の下肢障害の治療を専門としている。
故、入谷誠の一番弟子。一般からスポーツ選手まで幅広く支持され、多くの一流アスリートや著名人などの治療も多く手掛ける。身体の運動連鎖や歩行に関する研究および文献多数。
「リハビリの先生が教える 健康寿命を10年延ばすからだのつくり方」「スポーツ外傷・障害の術後のリハビリテーション」「医療従事者のための効果的な文章の書き方」など著書多数。

新聞、雑誌、テレビなどのメディアにも多く取り上げられる。

運動連鎖を応用した治療概念は、専門家からの評価も高く全国各地で講演活動を行う。また、医療の現場に役立つ書籍を数多く残していきたいという思いから、臨床を主軸にしながら運動と医学の出版社の代表取締役も勤める。
【参考映像】
体幹機能       →  https://www.youtube.com/watch?v=mOFKm6c73zo
園部コンディション・ラボ→ https://www.youtube.com/watch?v=bq5wr_LmAyg
動作分析       →  https://www.youtube.com/watch?v=M87-ydVIKhM
臨床映像(中枢)   →  https://youtu.be/N3uo_2hFUG4
臨床映像(外側偏位) →  https://youtu.be/GYAJHyn-7ns
臨床映像(外傷・術後)→  https://youtu.be/BxNdwFsWQkQ

具体的内容

財前 知典先生(上肢と体幹の運動連鎖)
●運動連鎖は臨床を構築する上で非常に有用な概念である。運動連鎖を理解すると臨床展開が速くなり、臨床推論や問題点の統合と解釈の幅も広がる利点がある。特に体幹は身体最大の質量を持つ部位であり、運動連鎖を用いて体幹を良方向にコントロールすることは臨床効果を向上させる上で大きな意味を持つ。また、上肢は鎖骨や肩甲骨を介して体幹と連結する部位であり、上肢の機能向上は体幹機能を考える上で必要不可欠である。つまり上肢と体幹はお互いに影響しあう関係にある。上肢の運動連鎖を理解し実施することは、上肢の問題だけでなく体幹の機能向上にも役立ち、反対に上肢の問題点が残存していると、いくら体幹部にアプローチしても体幹の機能向上は望めない。お互いの良方向の運動連鎖を理解することで臨床の幅と質を向上させることができる。
【到達目標】
●体幹と四肢の運動連鎖を理解する
●良方向の運動連鎖評価方法を学習する
●体幹と上肢の関わりを理解する

園部俊晴(下肢と体幹の運動連鎖)
リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。
しかし、体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、また下肢の運動連鎖とどのように関連し合っているのかを理解しているセラピストはほとんどいません。
今回、「体幹の見方と誘導方法」「下肢の運動連鎖との関連」について説明します。
【具体的内容】
1.体幹のマルアライメント改善の考え方
2.下肢の運動連鎖と体幹との関連
3. 治療概念
【到達目標】
1.体幹のマルアライメントの考え方を理解する。
2.下肢の運動連鎖と体幹との関連を理解する。

開催日程など詳細

日時:2018年6月3日(日)10:00-16:00
会場:発明会館(東京都港区)
参加費:7,000円

対象:誰でも参加可能です。参加資格は先着順とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

申込方法

先着順にて応募受付中。あらかじめご了承下さい。

お申し込みは以下のリンクからお願い致します。
(ピーティックスというイベント管理サイトへ移動します)
http://undouki0603.peatix.com

カテゴリー:当研究会の主旨

このページの先頭へ

イメージ画像