荒木茂先生(石川県リハビリテーションセンター、日本理学療法士協会理事)

araki1
今回は平成26年3月8日、9日に【マッスルインバランスの考え方による腰痛症の評価と治療】講演にて講師をしていただいた荒木茂先生にお話を伺いました。

荒木茂先生へのインタビュー

Q1:臨床でいつも心がけていることは何ですか?

A1:痛みを与えないこと。悪くさせないこと。自然回復を妨げないこと。笑顔を忘れないこと。


Q2:毎日のタイムスケジュールは?

A2:朝6時起床。
  7時40分職場に出勤。
  5時ダッシュで帰る。


Q3:お休みはどのように過ごされていますか?

A3:日本理学療法士協会理事の会議と研修会の講演や参加などでこのところ休みがあまりないが休みがあれば釣り、サイクリング、温泉のどれか。


Q4:尊敬する人を医療人と、医療分野以外の人で教えて下さい。また、その理由があればお聞かせ下さい。

A5:尊敬する人は沢山いる。医療や医療以外にかかわらず、年齢にかかわらず「自分のためでなく人のために働く人」


Q5:医療人として成長に一番必要なものは何でしょうか?

A5:幾つになっても好奇心旺盛に何事も興味を持ち、患者さんを良くしたいという気持ちを持ち続けること。一つの流派にこだわらず他流を学び、職場に引きこもることなく、師匠を職場の外に求めること。


荒木先生、ありがとうございました。


araki2
実技中も常に笑顔の荒木先生


今回はJandaアプローチとMSIアプローチを応用した評価と運動療法、徒手療法、姿勢矯正法などについてお話しして頂きました。
1日目は総論、姿勢アライメントの評価、運動パターンの評価、ファンクショナルテスト。2日目は過緊張筋の抑制のための徒手療法と弱化筋の活性化のための運動療法という盛りだくさんな内容で、受講生のアンケートでも大変満足度の高い講演となりました。

受講生アンケートより(抜粋):
「荒木先生の「教える」ということの考え方にとても共感した。」
「人として全体をみる大切さを学んだ。」
「セルフトレーニングの大切さがよくわかった。姿勢の評価を細かく行い、頚部や足部まで全体にわたる治療法を知ることができてよかった。」
「荒木先生の人柄が伝わってきて、講義を受けてよかったと思った。」

araki3
代表園部とにこやかに談笑中の荒木先生


カテゴリー:臨床家の言葉

このページの先頭へ

イメージ画像