園部 俊晴 先生の講演予定

この研究会を通じて、私の様々な技術をしっかりと伝えていきたいと思っています。常に成長を重んじ、そして私なりに、できる限りこの業界へ貢献するために、臨床に即した内容を提供していきたいと思っています。なぜ、私の治療院が6か月待ちなのか、まが何故たくさんの著名人が訪れるのか、その理由を分かっていただけると思います。

 

 

園部俊晴先生の講演予定 2019年

4月28日(日)  成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京
         腰痛の評価と治療
5月5日(日)  園部俊晴 川崎(実技)
         下腿・足関節・足部の術後のリハビリテーション
6月9日(日)  財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京
         体幹の理学療法
6月30日(日)  赤羽根良和先生・園部俊晴 コラボセミナー 川崎
         私の考える膝関節・足関節の理学療法
7月28日(日)  八木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナー 東京
         肩・腰・膝関節の理学療法
9月7日(土)  園部俊晴 川崎(実技)
         治療6カ月待ちの理学療法士の膝関節症の治療
9月8日(日)  園部俊晴 川崎(実技)
         治療6カ月待ちの理学療法士の腰痛の治療
9月29日(日)  財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京
         運動連鎖を臨床に活かす
10月6日(日)  園部俊晴  東京
         治療6カ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術
10月27日(日)  千葉慎一先生・園部俊晴 コラボセミナー  東京
         療法士のための上肢と下肢の評価と運動療法
11月10日(日) 中村尚人先生・園部俊晴 コラボセミナー (未定)
         体幹の理学療法(ピラテス・ヨガの視点から。姿勢の視点から)
11月24日(日) 畠中泰彦先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京
         歩行動作の基礎知識と臨床応用
12月1日(日)  赤羽根良和先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京
         赤羽根先生が足、園部が膝

当研究会の講演開催募集を確実に知りたい方へ

各講演の3~4ヶ月前に当研究会ホームページに詳細を掲載いたしますが、
当研究会のメルマガを登録している方にはメールでもお知らせいたします。

メルマガ読者限定の少人数限定セミナーも開催しています。

メルマガ登録をご希望の方は、下記URLから登録してください。
↓ ↓ ↓
https://undouki.com/registmailmagazine/

下記は、当研究会で今後予定されている講演会です。

開催3~4ヶ月前に応募を開始する予定です。もうしばらくお待ちください。
※都合により変更になる場合もあります。ご了承ください。

2019年

7月21日(日)神奈川県川崎市(実技)
豊田和典先生「膝関節疾患に対する評価・運動療法に必要な機能解剖学的触診技術」

7月28日(日)東京都千代田区
今屋健先生・八木茂典先生・園部俊晴先生「プロ中のプロが教える『膝』『肩』『腰』の評価と治療」

8月24日(土)神奈川県川崎市(メルマガ限定 実技)
赤羽根良和先生「股関節拘縮の見方と運動療法」

8月25日(土)東京都文京区
赤羽根良和先生「臨床に役立つ肩関節拘縮の見方と運動療法」

8月31日(土)神奈川県川崎市(実技)
村野勇先生「超音波エコーからみえる足関節拘縮の評価と運動療法」

9月1日(日)東京都文京区
鈴木俊明先生「体幹と骨盤の評価と運動療法」

9月14日(土)神奈川県川崎市(実技)
今屋 健先生・宇戸 友樹先生「膝関節の理学療法~問診や理学的所見から捉える仮説・検証の流れ~」

9月15日(日)東京都文京区
荒木茂先生「マッスルインバランスの理学療法」

9月23日(月・祝)東京都文京区
金岡恒治先生「腰痛のプライマリケア」

9月29日(日)東京都文京区
財前知典先生・園部俊晴先生「運動連鎖を臨床に活かす」

10月6日(日)東京都文京区
園部俊晴先生「治療8カ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術」

10月12日(土)福岡市博多区
今屋健先生「膝関節の運動療法と軟部組織に対するアプローチ・実技編」

10月12日(土)福岡市博多区
園部俊晴先生「治療8カ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術」

10月13日(日)福岡市博多区
宇戸友樹先生・今屋健先生・園部俊晴先生「膝の理学療法をとことん追求」

10月26日(土)神奈川県川崎市(実技)
鈴木貞興先生「体幹機能を再構築するための運動療法」

10月27日(日)東京都文京区
千葉慎一先生・園部俊晴先生「療法士のための上肢と下肢の評価と運動療法」

このページの先頭へ

イメージ画像