山田英司先生の講演予定

変形性膝関節症に関して日本で最も有名な理学療法士だと思います。臨床家であり、そして本物の研究者でもあります。大学の助教授の立場であった山田先生は、最近、臨床に戻ってきました。大学の教員から臨床に戻る例は非常に少なく、山田先生が真に臨床を追求していることがこのことからも分かります。毎年お会いしてお話を伺いたい先生の1人です。

膝OAで最も著名な先生の一人 山田英司先生による
変形性膝関節症の理学療法

2019年3月10日(日)東京
【園部からの推薦文】:
変形性膝関節症は臨床で遭遇する頻度の高い疾患の1つですが、治療ガイドラインで示されているエビデンスレベルの高い項目のみでは個々の症例に対応することが困難であるのが現状です。これは、多彩な症状を示す変形性膝関節症にもかかわらず、1つの疾患として捉えた結果であり、今後、症状や病態により様々なサブグループ化を行っていく必要があります。
今回は、変形性膝関節症に対してではなく、変形性膝関節症に伴うさまざまな症状に合わせた理学療法とそれらを引き起こすメカニカルストレスが大きくなる原因を力学的に考え、変形性膝関節症に対する治療戦略について講義と実技を行っていただきます。
山田英司先生は、変形性膝関節症の理学療法において最も著名な先生の一人です。明日からの臨床に必ず役立つと思います。

山田英司先生の膝OAの映像はコチラ(園部解説!)
https://youtu.be/yIX2a6W1FEw

当研究会の講演開催募集を確実に知りたい方へ

各講演の3~4ヶ月前に当研究会ホームページに詳細を掲載いたしますが、
当研究会のメルマガを登録している方にはメールでもお知らせいたします。

メルマガ読者限定の少人数限定セミナーも開催しています。

メルマガ登録をご希望の方は、下記URLから登録してください。
↓ ↓ ↓
https://undouki.com/registmailmagazine/

下記は、当研究会で今後予定されている講演会です。

開催3~4ヶ月前に応募を開始する予定です。もうしばらくお待ちください。
※都合により変更になる場合もあります。ご了承ください。

2019年

7月21日(日)神奈川県川崎市(実技)
豊田和典先生「膝関節疾患に対する評価・運動療法に必要な機能解剖学的触診技術」

7月28日(日)東京都千代田区
今屋健先生・八木茂典先生・園部俊晴先生「プロ中のプロが教える『膝』『肩』『腰』の評価と治療」

8月24日(土)神奈川県川崎市(メルマガ限定 実技)
赤羽根良和先生「股関節拘縮の見方と運動療法」

8月25日(土)東京都文京区
赤羽根良和先生「臨床に役立つ肩関節拘縮の見方と運動療法」

8月31日(土)神奈川県川崎市(実技)
村野勇先生「超音波エコーからみえる足関節拘縮の評価と運動療法」

9月1日(日)東京都文京区
鈴木俊明先生「体幹と骨盤の評価と運動療法」

9月14日(土)神奈川県川崎市(実技)
今屋 健先生・宇戸 友樹先生「膝関節の理学療法~問診や理学的所見から捉える仮説・検証の流れ~」

9月15日(日)東京都文京区
荒木茂先生「マッスルインバランスの理学療法」

9月23日(月・祝)東京都文京区
金岡恒治先生「腰痛のプライマリケア」

9月29日(日)東京都文京区
財前知典先生・園部俊晴先生「運動連鎖を臨床に活かす」

10月6日(日)東京都文京区
園部俊晴先生「治療8カ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術」

10月12日(土)福岡市博多区
今屋健先生「膝関節の運動療法と軟部組織に対するアプローチ・実技編」

10月12日(土)福岡市博多区
園部俊晴先生「治療8カ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術」

10月13日(日)福岡市博多区
宇戸友樹先生・今屋健先生・園部俊晴先生「膝の理学療法をとことん追求」

10月26日(土)神奈川県川崎市(実技)
鈴木貞興先生「体幹機能を再構築するための運動療法」

10月27日(日)東京都文京区
千葉慎一先生・園部俊晴先生「療法士のための上肢と下肢の評価と運動療法」

このページの先頭へ

イメージ画像