第3回 臨床に役立つ治療技術集会!

2019年5月19日(日)決定!

来年もアウトプットの場として、「臨床に役立つ治療技術集会」を開催いたします

※演題応募締め切りは2019年2月10日です。

→ 臨床に役立つ治療技術集会についてはコチラ

3回目となる今回のテーマは、
すばり「臨床における私の評価・治療の工夫」です。

今回の治療技術集会は、疾患や部位に囚われず、“臨床”に焦点をあて、皆様が日々行っている臨床の工夫や技術をアウトプットしてください。

「自分の治療を是非知って欲しい!」「職場や知人の治療を紹介したい」という方は是非、是非、演題をご応募ください。

→演題のご応募はコチラ
※応募締め切り日:2019年2月10日

→一般参加(聴講のみの参加)
※応募締め切り日:2019年5月17日

プログラム概要

 テーマ「臨床における私の評価・治療の工夫」

【日時】2019年5月19 日(日)10:00~16:00 予定

【会場】多摩市民館(神奈川県川崎市) 小田急線「向ヶ丘遊園駅」徒歩5分

【内容】
下記はすべて仮の例として掲示しております。今後皆様からの演題応募を募り、内容を決定します。予め、ご了承下さい。

—————————————————

特別講演Ⅰ(10:10~11:10)(※すでに決定している講演です。)

「スポーツ選手の膝関節疾患を診る上での私の工夫」 
関東労災病院リハビリテーション部主任 今屋 健

仮案:セッションⅠ(11:15~12:30)

座長 臨床 一郎

(※ このセッションは仮案です。このような知識・技術を公開して頂けることを切望しております。持ち時間1人20分(質疑応答を含む))

1.腰部伸展痛に対する私の治療の工夫          臨床家病院  臨床 太郎
2.変形性股関節症の保存例に対する私の治療の工夫    臨床家病院  臨床 太郎
3.膝痛患者の階段の指導                臨床家病院  臨床 太郎

昼休憩(12:05~13:05)

仮案:セッションⅡ(13:30~15:10)

座長 臨床 一郎

(※ このセッションは仮案です。このような知識・技術を公開して頂けることを切望しております。持ち時間1人20分(質疑応答を含む))

4.五十肩の治療における私の工夫            臨床家病院  臨床 太郎
5.TKA患者のの歩行の改善                臨床家病院  臨床 太郎
6.私の行っている坐骨神経障害の評価          臨床家病院  臨床 太郎
7.膝蓋下脂肪体の治療の工夫              臨床家病院  臨床 太郎

特別講演Ⅱ(15:15~16:00) (※すでに決定している講演です。)

「高齢化社会で療法士が発揮できる治療技術(私の工夫と概要)」 
コンディション・ラボ所長 園部俊晴先生

—————————————————

→演題のご応募はコチラ
※応募締め切り日:2019年2月10日

→一般参加(聴講のみの参加)
※応募締め切り日:2019年5月17日

このページの先頭へ

イメージ画像